「手作り石けん」でシンプルミニマルライフ

最終更新: 2018年12月15日



キッチン、洗面台、お風呂場、、

スキンケアグッズ。


手作り石けんを始めてから

めっきり「物が減った」場所です。


<キッチン>

食器洗い用&手洗い用 兼用の

ココナッツオイルの石けん1個

これだけで、だいたいOK。


<洗面台>

・手洗い用石けん 1個

・洗顔&メイク落とし 兼用の石けん 1個

最低2種類 あればOK。


<お風呂場>

脱衣場にお気に入りの石けんを

いくつかを置いています。

(最高で40個だったけどこれはオタクな私の特例でしょう...)

浴室内には、その時使う

石けんを1、2個持ち込むだけ。

あとは髪を洗うのにクエン酸が必需品。

(※浴室内の掃除も普段は石けん)


この他に、

細かいお気に入りグッズが

あったりしますが、


台所洗剤、

ハンドソープ、

シャンプー、

リンス、

コンディショナー、

ボディソープ、

...などなど


これらへの消費が無くなりました。


いわゆる

「洗うもの」に関しては

石けんで足りてしまっています。


おかげで、物が無くなって

スッキリしました。


そして

一番大きな変化はコレ!


<スキンケアグッズ>

・手作り石けんで顔も体も

肌の乾燥が気にならなくなり

無用な心配から解放されたので

ほとんど持っていない状態です。


もし何かケアが必要な時は

手持ちの植物オイルや

精油やクレイやハーブでなんとかします。

(これらは石けん作りの材料でもある)


未だに驚かれますが

化粧水、乳液、クリーム、

メイク用クレンジングオイルなどの

肌を整える「基礎化粧品」は

もう何年も買ってなくて


それらを手作りもできますが

現在はほぼ使ってもいません。


自分の石けんで洗ったら

だいたいそのまま放置です。


乾燥する日本の冬も

これで越しました。


10代の中学生の頃から

スキンケア用品を使い始め


20代の大学時代に

コスメ消費のピークを極め


30代の今、小学生の頃と

変わらないお手入れに戻りました。


(書いててウケる、、)

やってみたら、できてしまった。

シンプルスキンケアライフ。


手作り石けん生活の大きな魅力。


女の人こそ、その深さを

体験できると思います。


なにせ、今まで「必要」と思って

いたものが徐々に要らなくなるのだから。


そして、実用的で肌の健康を守る

ぴったりのものを

自分の手で生み出せるのだから。



キッチンソープや

夏の日焼け肌用の石けんなども載ってます

『石けんだけで肌はきれいになる』(KKベストセラーズ刊) http://www.amazon.co.jp/gp/product/4584138699/ref=s9_



















手作り石けん。

実際作るのってどんな感じなの?

という方は、ワークショップへどうぞ。


「こんな感じでできちゃうんだ!」

と、自分で作る際の参考になるはずです。

イメトレになりますよ。

(‐^▽^‐)



井出順子

ご利用のブラウザのバージョンが古い場合、一部のコンテンツで正しく表示されない場合があります。

ご覧になる際には、ご利用のブラウザバージョンをご確認のうえ、最新のものにアップデートしていただきますようお願いします。

井出順子

Back to Top

All Rights Reserved © 2018-2020 Junko Ide