手作り石けんを長持ちさせる小さなコツ

最終更新: 2018年7月2日



手作り石けんのイメージに

「溶け崩れやすい」

「泡立ちにくい」

というのがあります。


これ、払拭したい!!


「固さもある程度しっかりしていて

泡立ちも肌へのやさしさも満足のいく

「ちょうどいい塩梅」の石けんは作れる」


…というのが私のスタンスです。


そのため、拙著「石けんだけで肌はきれいになる」

のレシピでは、固さも、泡出しも、やさしさも両立した

私なりのオイルの配合率を紹介しています。



▼WEBメディア「melabo」さんで

嬉しいくらい的確に記事を書いていただいています。 http://melabo.net/goodthings/body/junkoide-soap/


(引用)「“手づくり”といえば、独特のあたたかみを思い浮かべるひとが多いかもしれない。素材や香りなど、一つひとつにこだわった、手のかかったもの。一方で、使い勝手や機能性などは市販品に比べて劣る……というイメージをもつひとも。

実際、手づくり石けんはレシピによって、泡立ちにくかったり、湿気でドロドロになりやすいものもある。でも井出さんの石けんは、そんな印象を軽やかにくつがえしてくれるのだ。

彼女のレシピは、オイルの配合でネガティブポイントをカバー。季節や使い心地も考えて素材を選ぶという。」



何度読んでも、嬉しい・・・。

(ニイミさんありがとう!!)


それでも、やっぱり従来の

市販の固形石けんと同じ認識でいると

「溶けやすい」と感じることもあるかもしれません。


結論から言うと


「手作り石けんは使ったらすぐに水切りをして、湿気のないところに置く」


これが鉄則で、こうするだけで

石けんの持ちがぐんとアップします。


特に気をつけたいのが浴室です。

置きっぱなしは、避けたいですね。


湿気に常にさらされることになり

石けんの中のグリセリンが空気中の水分を

ぐんぐんひきつけます。


その結果、石けんの表面は

湿った状態が続いてしまい

簡単に溶けやすくなってしまいます。


私も、お風呂に入るごとに

石けんを出し入れしています。


一方、市販の固形石けんは

溶けるイメージがあまりないですよね。


理由は、水分をひきつけるグリセリンが

意図的に排除されていたり


原料オイルのほとんどが、

飽和脂肪酸系オイル(パームオイル、パームカーネルオイル、ココナッツオイルなど)

に偏っていることが見受けられます。


飽和脂肪酸系オイルは、

固さも出るし、溶けにくいです。


例えば、人気の『牛乳石鹸』。

こちらは「釜焚き製法」で

主原料は「牛脂、ヤシ油、カセイソーダ、食塩」だそう。

(参考:https://www.cow-soap.co.jp/event/kodawari/kodawari02/ )


「牛脂」も「ヤシ油(ココナッツオイル)」も

飽和脂肪酸系オイルです。


しかも、「食塩」は石けんをぎゅっと

固める作用があります。


塩は石けんの泡立ちを弱めがちですが

泡立ち&洗浄作用抜群の「ヤシ油(ココナッツオイル)」の

比率が高そうなので、問題はなさそうです。


このように材料を見るだけで、

固さも、泡立ちも、バッチリの石けんだと分かります。

浴室に置いたままでも、あまり心配はないかもしれません。


ところが、手作り石けんの場合

飽和脂肪酸系オイルを主原料として

使うレシピはあまり見かけません。

(掃除用とか、キッチンソープくらい?)


一般的に、不飽和脂肪酸系オイルを

材料全体の半分以上使いがちだと思います。


それは例えば常温で液体のオイル。

「オリーブオイル、米油、椿油、ひまし油、

スイートアーモンドオイル、

マカダミアナッツオイル、、」などなど


これらのオイルを使えば

素晴らしい石けんになるけれど、

石けんに「固さ」を出す役割はしないのです。


元から石けんにグリセリンが存在している上に

これらのソフトオイルがたくさん配合されているから

湿気や水分には多少なりとも影響を受けてしまいます。


以上、ちょっとマニアックな話かもしれませんが

手作り石けんを使うなら、知っておいたほうがいいことでした。


「手作り石けんに挑戦してみた、使ってみた!」

という人によくお会いしてお話しする中で、少し気になったので。


参考になりますように。

(‐^▽^‐)



井出順子

ご利用のブラウザのバージョンが古い場合、一部のコンテンツで正しく表示されない場合があります。

ご覧になる際には、ご利用のブラウザバージョンをご確認のうえ、最新のものにアップデートしていただきますようお願いします。

井出順子

Back to Top

All Rights Reserved © 2018-2020 Junko Ide