2019年 本当以外は、もういらない(ポイっ!)

最終更新: 2019年1月5日


自分の真実で人とつながり表現していく年に


2019年が始まり、確かに何かが「明けた」気配がしています。

明けましておめでとうございます。

みなさんは今、何を思いどう感じているでしょうか。


ここで、わたしがじわじわ感じていることを

少しお話ししますね。


「自分の軸」とか「心の自立」

という言葉を普段よく使いますが

これが2019年はより重要になる気配です。


本当の自分はこれだ、と気づくことが増え

そうやって生きていく人が珍しくなくなっていきます。

(英語だと「Authentic」な在り方のことです)

勘違いされやすいのですが、

これは「一人で立派に生きよう」という意味ではないです。


確かに、これまでの社会では

それも「正しい」とされる傾向がありました。


しかし、一人で完結しないといけないとか、 過剰な自己責任論はむしろ危険で そうした「分離」や「孤独」は人の心を痛めつけます。


分離や孤独で傷ついた心は、

つながりたいと願う誰かをまた傷つける

悲しいループを生んでしまいます。


利便性が進んだ今の社会は

その副作用で人と人との分離が深く 寂しさ、恐怖、不安がビュンビュン飛んでいるよう。


物質的に満たされた

外側だけ整った社会は機能しません。

鬱や自殺の異常な数はそれを証明しています。


そんな中で前を向いて生きろって言われるのは 常に戦闘態勢にいる感じですね。


どんなに生きるのが上手な人だって 心の底で疲れているのは、当たり前です。

立ち止まって休んだっていいんです。

むしろ、その感覚は健全のようにも思います。

そこで、自分の軸というのが

より大事になっていきます。


悲しさ、怒り、寂しさ

喜び、愛、感謝…


自分の心が本当に感じていること

求めていることは何なのか


湧き上がるものを否定せずに深く見つめ、

受容していくことで軸が形成されていきます。


この計り知れない心への恩恵が

今まで以上に認識される年になるでしょう。


すでにヴェールが剥がされて

本当の自分が動き出している人もいれば、

今後このテーマに強制的に向き合わざるを

得ない出来事に出くわす人もたくさん出てくると思います。


人は本来、自分の芯の部分とつながった上で

誰かとの「心のつながり」や「感情の深い理解」

「喜びあい」「助けあい」を通じて 本当の強さや幸せを、拡大していける生き物なのだと思います。


これが「生命力」というエネルギーを、生むことになるのではないでしょうか。


2019年は「自分の真実」に寄り添って

ひとつひとつのアクションを意識的に行う年になります。


わたしもいま、

「自分の真実」や「愛」から表現したもので

もっと人とつながって人生をつくっていきたい、

という想いが出ています。


湧き上がる感情や感覚をよく味わって。

正直になることを恐れないで。


不思議と、このような気づきのタイミングを

同じくしている人が結構いると思うのですが

これを読んでいる人もそうではないですか?


2019年も、どうぞよろしくお願いいたします。




井出順子

ご利用のブラウザのバージョンが古い場合、一部のコンテンツで正しく表示されない場合があります。

ご覧になる際には、ご利用のブラウザバージョンをご確認のうえ、最新のものにアップデートしていただきますようお願いします。

井出順子

Back to Top

All Rights Reserved © 2018-2020 Junko Ide